ニキビ跡が色素沈着の原因に

ニキビが出来てしまったとき、
ニキビ跡にならないか?」ということがとても気になる方は多いと思います。

誰しも、ニキビが直ったあと、
跡になってしまったという経験をおもちではないでしょうか?
赤黒くなってしまったり、茶色っぽく残ってしまったりと、
ニキビをキレイに直すのは難しいと感じてしまいます。

むりやりニキビをつぶしてしまうことは言語道断ですが、
丁寧にケアしてきたのにも関わらず跡になってしまったという場合もありますよね。

何故このように色素沈着してしまうのか、そのメカニズムについて考えてみます。

まず、ニキビが出来て跡になる時に沈着した色素とは、
血中の赤血球に含まれているヘモグロビン、
そして紫外線を吸収したりするメラニンなどです。

これらの色素がニキビ跡に残留してしまうことでくすみができてしまうのです。

跡になってしまったとしても、
色素沈着は肌の新陳代謝によって余分な角質と一緒に徐々には剥がれ落ちていきます。
自然に治っていくものではありますが、治るまでにはかなり時間もかかってしまいます。
早く治したい場合は皮膚科に相談するのもよいとでしょう。

また、ビタミンCには跡になるのを防ぐ役割をしますので、
積極的に採るようにすると効果があるかもしれません。

まずは普段からニキビを予防して、
ニキビが出来にくい肌を目指すことが大切です。

ニキビが出来てしまった時も肌をこすらないことや、
UV対策をしっかり行うことで色素沈着を防いでいきたいですね。

Sponsored Link

Leave a Reply

サブコンテンツ

このページの先頭へ